広島県立美術館での「ジブリの大博覧会2018」に行ってきました!

お出かけ
スポンサーリンク

 広島県立美術館での開催は終了しました。

2018年7月21日から9月24日まで、広島県立美術館にて「ジブリの大博覧会」が開催されていました。
広島でジブリの世界が楽しめる貴重な機会。
私も娘と一緒に行ってみましたが、親子でとても楽しい時間を過ごすことができましたよ。
今回は広島県立美術館で開催されたジブリの大博覧会2018についてご紹介します。

スポンサーリンク

ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~

会期:2018年7月21日(土)~9月24日(月・振休)会期中無休
開館時間:9:00~17:00 ※金曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
場所:広島県立美術館(3階企画展示室)
料金:一般1,400円、高校大学生1,000円、小中学生600円
HP:広島県立美術館

ジブリの30年間が詰まった特別企画。

名古屋や長崎など国内各地を初め韓国でも巡回展示されてきました。

今後の開催についてはジブリ公式サイトを確認してください。

スポンサーリンク

展示会場だけじゃない!ジブリの世界はロビーから始まっている!

ジブリ30年の資料がいっぱい!ロビーでは動くゲートや飛行艇がお出迎え!

美術館の入り口には天井近くまでの高さの大きな風車のついた「機械仕掛けの動くゲート」が。

入口のゲートをくぐると、「天空の城ラピュタ」のオープニングシーンに出てくる飛行艇が、3階までの吹き抜けいっぱいに上下に飛んでいました。

壁にはパネルの展示もされていて、もうすでにそこはジブリの世界

ロビーの奥手ではチケット販売が行われていました。

大きなトトロが待っていた!仕事部屋の様子やグッズの展示も。

3階の展示会場へと入ると、スタジオジブリにある打ち合わせスペースを再現したバーカウンター。

その中から大きなトトロが出迎えてくれました

続いて「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」に至るまでの、当時のポスターやそのラフ図がセル画。更に、企画や宣伝のプロデューサー鈴木さんとコピーライターの糸井さんとのキャッチコピー作成の様子がわかる、当時の手書きの手紙や走り書きのようなものまでが壁一面に!

鈴木さんの仕事部屋を再現したスペースには、歴代のジブリグッズや販促品なども。

天空の城ラピュタ、魔女の宅急便、紅の豚、猫の恩返しなどなどジブリの作品のポスターやグッズがずらりと並ぶさまは圧巻でした!

あのネコバスに乗ることができる!写真撮影もOK!

「となりのトトロ」のネコバスがやってきているのがジブリの大博覧会の目玉!

よく見ると行先が「ひろしま」に!「ま」の字が逆さまになっている辺りがネコバスですね。

行先表示は開催地でそれぞれ変わるのでしょうか?

ふわふわの毛並みを触るのもオッケー、子どもはもちろん大人も中に乗車することもできます

しかもこのエリアのみ写真撮影可能!

 

週末や休日には待ち時間がある場合もありますが、平日なら心配することもないようでした。

まあち
まあち

この写真は平日の昼間にちょうど人の波が切れた瞬間に撮影しましたよ。
よく見たら娘ちゃんの足が写ってた(笑)

ジブリ作品に登場する空飛ぶ機械達も展示

人々の空への憧れが、やがて空飛ぶ機械として現実のものになっていく様子をまとめた、パネル展も開催されています。

「天空の城ラピュタ」や「紅の豚」を始めとした、ジブリ作品に登場する様々な空飛ぶ機械達のイメージパネルや模型など、こちらも興味深い展示の数々でした。

グッズもたくさん!大博覧会限定のグッズや開催地だけのグッズも!

グッズ売り場には、大博覧会のパンフレットやトトロの限定ぬいぐるみを初めたくさんのジブリグッズが販売されていました。

こちらがトトロの大博覧会限定ぬいぐるみ(中)とネコバスのパスケース。引くと伸びるリールがついています。背中の行先には「ひろしま」の文字も!これは連れ帰るしか選択肢がありません!よね!ね!

開催地それぞれでの限定品なんでしょうか?他の地域はどうなんだろう?

こちらは手のひらサイズのトトロの小銭入れ。アクセサリーなどの小物を入れても!かわいさと手ざわりの良さで即決でした(笑)

その他にも、「バルス」の文字入りトートバッグやTシャツ、タオルやマグカップなど、ジブリのグッズがたくさん!グッズを見て回るだけでも楽しかった~(*’ω’*)

ジブリの大博覧会限定ではありませんが、地方だとなかなか足を運べない三鷹の森ジブリ美術館のクッキー缶は、中のクッキーにジブリのモチーフが型押しされていて、可愛いのでお土産にぜひ!

缶もめちゃめちゃかわいいのでおすすめ!

まあち
まあち

というわけで…クッキー缶、トトロぬいぐるみとネコバスパスケース、そしてトトロの小銭入れを連れ帰りました!後悔はしていません!

スポンサーリンク

まとめ

広島県立美術館で開催された「ジブリの大博覧会2018」についてご紹介しました。

子ども達はもちろんですが、ずっと見てきた作品のグッズやポスター、あのトトロやネコバスが目の前に現れて、周りの大人もみんな大興奮でした。

特に憧れのネコバスに乗ることができて私も満足しかありません!

娘は、まだ観たことがなかった「紅の豚」や「もののけ姫」なども興味が出たようで、早速ビデオを借りてきて観ていました。

広島での展示は終了しましたが、引き続き各所で開催されています。

お近くで開催される際にはぜひとも足を運んでみてくださいね。

広島のお出かけ情報ならこちらもオススメ↓↓

マリホ水族館は年間パスポートがお得!入館料金やアクセスもチェック!
広島マリーナホップ施設内に2017年6月24日にオープンしたマリホ水族館。 以前から娘が行きたがっていたので、先日ようやく親子で遊びに行ってきました。ちょ...