撮影用の背景ボードを自作してみたよ☆100均の材料で手作りできる撮影用背景ボードの作り方!

生活
スポンサーリンク

最近、仕事でインスタグラムへ投稿する物撮り写真が必要になって、いろいろと写真を撮っています。
が、普通に撮ってもなんだかパッとしない。映える写真はどうしたらいいのか…。
私のセンスはともかく(泣)、何とか少しでもきれいな写真が撮れないかと思って、背景ボードを自作してみました。わたしが作ったものの材料は100均でそろうものばかりですが、十分使える背景ボードが作れましたよ。

ハンドメイド作品の写真撮りにも使える背景ボード。作り方ご紹介します!

スポンサーリンク

撮影用の背景ボードの作り方

では早速作ってみましょうヽ(^o^)丿

必要な物

  • リメイクシート(好みの柄のもの)
  • PPシート(好みの大きさのもの)

今回わたしが使ったのは、ダイソーのリメイクシート。シャビーシックな木目のものとビンテージウッド、それと白っぽいレンガ柄の3柄を用意しました。好みで良いとは思うけれど、白っぽい物の方が写真が明るく撮れます

他に、大理石柄や石畳柄、濃い色のレンガ柄なども映える写真が撮れるのでおすすめです。もちろんキャンドゥやセリアのものでもOK。ネイルやメイク道具などのコスメの写真なら、大理石柄や石畳、タイル柄などもおすすめ!撮りたいものによっても合うもの合わないものがあるので、いろいろな柄を試してみてください。

貼り付けたのはこちらのPPシート。光沢とつや消しを買ってみたけど、貼り付けるだけなので特に影響はありませんでした(笑)薄くてしっかりしているので扱いやすくおすすめ。小さな物しか撮らないならもっと小さなサイズでもいいかもね。段ボールは段ボール自体のボコボコが案外目立つのでおすすめできません。

背景ボードの作り方

1.ボードの長さに合わせてリメイクシートを切ります。少し大きめに切ってから貼った後に切りそろえた方が端がきれいになります。

2.端から少しずつ空気が入らないように注意しながら、用意したPPボードにリメイクシートを貼りつけます。折り目部分はシワになりやすいので、しっかりと広げて押さえてあげましょう。

できあがり\(^o^)/

PPシートの方が大きいので余り部分がありますが、気にしない~。
ちょっとシワが出たかな💦あとからシワの部分を押さえて外へ空気を出せば、撮影に気にならない程度にはキレイになりました✨

スポンサーリンク

背景ボードを使って写真を撮ってみよう

早速、自作した背景ボードを使って撮影してみました
今回は、シャビーシックな木目を下に、レンガ柄は壁に見立てて立てて置いています。お花やグリーンなどの小物があったら一緒に並べると良さそうです。
撮影の練習に、そばにあった「いよかんもち」を置いてみました(笑)←なぜ💦

うんうん、いよかんもちがキレイに撮れた気がします(笑)バックに置いたのは100円ショップの造花です。造花やフェイクグリーンなどの小物を置くと、写真がさらに映えますよ✨

キャーーーΣ(゚∀゚ノ)ノ 

うちの仔に襲われました( *´艸`) いやあ、うちの仔もかわいいにゃあ♡

撮り方のコツはこちら↓↓が詳しいよ!

インスタ映えする物撮りのコツって? シート・レフ板をうまく使っておしゃれな写真を撮ろう!
インスタのユーザー層は20代~40代と若い人が中心、かつ30代以下は6割以上が女性ユーザー。若い女性をターゲットとしたメディアの中には、インスタを意識したものも少なくありません。 今回はターゲットが若い女性であるメディアのライター・ブロガーのための、インスタ映えを意識した物撮り基礎知識。

 

作るのヤダーって方にはこちら!ネットでポチっとすればおしゃれな完成品が届きます。

こちらかっこいい感じのシートセット。ちょっと男前な写真におすすめ!

こっちはかわいい系♡小物やコスメがメインなら断然こっち!

小物の撮影なら小さなスタジオセットもおすすめです(´ω`*)

スポンサーリンク

背景ボードでいろいろ撮影楽しいよ!

そんなわけでいろいろと撮影をしています。
海で拾ってきた貝がらや観葉植物など、何でもないものも一緒に並べてみれば立派な撮影用の小物に。いろいろと活用してみてくださいね♡