撮影用の背景ボードを自作してインスタ映えさせよう!100均だけで手作り可能!

生活
スポンサーリンク

仕事でインスタグラムへ投稿する物撮り写真が必要になって、いろいろと写真を撮りました。
が、普通に撮ってもなんだかパッとしない。映える写真はどうしたらいいのか…。
私のセンスはともかく(泣)、少しでもきれいな写真が撮れないかと思い、背景ボードを自作しました。材料は100均でそろうものばかり。あっという間に簡単でインスタ映えする背景ボードの完成です。撮影用の小物もそろう100均優秀!!

ハンドメイド作品はもちろん、フィギュアやドールの写真撮りにも使える背景ボードをサクッと手作りしませんか?作り方を紹介します!

スポンサーリンク

撮影用の背景ボードの作り方

では早速作ってみましょうヽ(^o^)丿

必要な物

  • リメイクシート(好みの柄のもの)
  • PPシート(好みの大きさのもの)

今回わたしが使ったのは、ダイソーのリメイクシート。シャビーシックな木目のものとビンテージウッド、それと白っぽいレンガ柄の3柄を用意しました。好みで良いですが、背景が明るい色の方が写真が明るく撮れるのでおすすめです。アンティーク調の木目も人気が高いです!大理石柄や石畳柄、濃い色のレンガ柄なども映える写真が撮れますよ。

キャンドゥやセリアのものでもOK。ネイルやメイク道具などのコスメの写真なら、大理石柄や石畳、タイル柄などもおすすめです。

撮りたいものとの相性もあるので、いくつか用意していろいろな柄を試してみてください。

貼り付けたのはこちらのPPシート。どの100円ショップでも扱われているプラバンのようなものです。光沢とつや消しを買ってみたけど、貼り付けるだけなので特に影響ありません(笑)どちらでもOK!

薄くてしっかりしているので扱いやすいのが良いところです。小さな物しか撮らないなら小さなサイズでもいいですね。家にあるシートや板などでも代用できますが、段ボールはボコボコが意外に目立つのでおすすめできません。

シートはネットでもいろいろと購入できます!

Amazon.co.jp: リメイクシート
Amazon.co.jp: リメイクシート

背景ボードの作り方

1.ボードの長さに合わせてリメイクシートを切ります。少し大きめに切ってから貼った後に切りそろえた方が端がきれいです。

2.用意したPPボードにリメイクシートを貼りつけます。端から少しずつ、空気が入らないように注意しながら貼り付けていきましょう。折り目部分はシワになりやすいので、しっかりと広げて押さえてください。

できあがり\(^o^)/

PPシートの方が大きい場合にはあまり部分がでますので、カッターで切りそろえるとOK。
ちょっとシワが出たかな💦あとからシワの部分を押さえて外へ空気を出せば、撮影に気にならない程度にキレイになりました✨

スポンサーリンク

背景ボードを使って写真を撮ってみよう

早速、自作した背景ボードを使って撮影してみました
今回は、シャビーシックな木目を下に、レンガ柄は壁に見立てて立てて置いています。お花やグリーンなどの小物があったら一緒に並べると良さそうです。

うんうん、いよかんもちがキレイに撮れた気がします(笑)バックに置いたのは100均の造花。造花やフェイクグリーンなどの撮影小物を置くと、写真がさらに映えますよ✨

うちの仔に襲われました( *´艸`) いやあ、うちの仔もかわいく撮れてます✨

小物なら1枚あれば十分。コスメやヘアケア用品なら石畳柄や大理石柄もおすすめ。

作るのヤダーって方にネットでポチっとすればおしゃれな完成品もありますよ。
おすすめ商品をいくつかピックアップしました。

こちらかっこいい感じのシートセット。ちょっと男前な写真におすすめ!

こっちはかわいい系♡小物やコスメがメインなら断然こっち!

小物の撮影なら小さなおうちスタジオセットもおすすめ!周囲を片付けなくてもすぐ撮影できる(´ω`*)

こちらはピアスやイヤリングのモデルさん着画写真が撮れるキット!これはすごいです。まるで本当にモデルさんが付けているような写真が撮れるシート✨

スポンサーリンク

背景ボードでいろいろ撮影楽しいよ!

そんなわけでいろいろと撮影をしています。
海で拾ってきた貝がらや観葉植物など、何でもないものも一緒に並べてみれば立派な撮影用の小物に。いろいろと活用してみてくださいね♡