コスパ最強!コストコのポップコーンの失敗しないレンジ時間を伝授!

レシピ
スポンサーリンク

コストコのマイクロウェーブポップコーンを知っていますか?
レンジでチンするだけで、家で出来たてが食べられる便利なポップコーンです。
箱買いしていた友人からいくつかいただいてきたので、我が家でも早速作ってみました☆普段から作っている友人にマイクロウェーブポップコーンのちょうど良いレンチン時間も教わってきましたので、紹介します。

スポンサーリンク

カークランド マイクロウェーブ ポップコーン

「KIRKLAND MICROWAVE popcorn(カークランド マイクロウェーブ ポップコーン)」

カークランドはコストコのプライベートブランドです。その中でも人気商品であるマイクロウェーブ ポップコーンは、1箱44袋で販売されています。賞味期限は10ヶ月ほど。
コストコでは1箱1500円前後とのことなので、計算すると1袋34円!
ポップコーン1袋の値段は34円!何というコスパ!

これ、実は通販もされてます。コストコまで行けない人にはこちらをおすすめ。

1箱はちょっと…の方にはお試しもありますよ!

スポンサーリンク

マイクロウェーブ ポップコーンの作り方

では早速作ってみましょう!

必要な物

  • コストコのポップコーン1袋
  • 電子レンジ

以  上!

中にバターも塩も入っているので、他に何もなくても美味しいポップコーンができちゃいます!楽ちん!

コストコ・マイクロウェーブポップコーンの作り方

1.ビニール袋から出します。中身は3つ折りになった紙袋。この中に材料は全て入っています。この紙袋はまだ開けないでくださいね!

2.紙袋を電子レンジに入れます。写真撮り忘れましたが上の写真は裏側でした💦レンジの中で上になる側には「THIS SIDE UP」の文字があるので確認してください。

3.ポップコーンの外箱には「電子レンジ500Wで2分半」と書いてありますが、ここ要注意です!電子レンジの性能の違いもあるとは思いますが、2分半だとまだ途中なことがほとんどなんです。

我が家は、以前からよく作っている友人の教えに従って「600Wで3分半」しました。

3.写真は600wで3分半したところ3分過ぎたくらいから紙袋がパンパンになって、中でポップコーンがはじけるポンポンという音!そして3分半になるころには少しずつポンポンの音が減ってきます。ポンポンの音の間隔が長くなってきたら良い香りも~

ちなみにこの写真↑が電子レンジに入れた時に上になる側。右上に「THIS SIDE UP」の文字がありますね☆

やりすぎると中のポップコーンが焦げてしまうこともあるので、様子を見てね。

4.山盛りのポップコーンのできあがり!待ちきれない娘ちゃんの手が飛んできました(笑)お皿に入りきらないくらいの量です。

600wで3分半で電子レンジにかけた結果、はじけずに残ったコーンはこのくらいでした。まあまあじゃないかな。

 

味は、しっかりと効いた塩バター。アツアツでとってもおいしい♡あっという間に完食!!

まあち
まあち

バターと塩がしっかりと効いた、アツアツのポップコーン最高ですよ!
ヾ(*´∀`*)ノ

スポンサーリンク

コストコ公式のオンラインショップ開始!

2019年12月10日から、日本でもコストコ公式のオンラインショップが始まっています。

すべて送料込みの価格表示になっているので、更に送料がかかるという心配はありません。

いろいろな商品をオンラインで購入することができるので、便利ですよ!

スポンサーリンク

子どもたちも大喜び♡コストコのポップコーンはリピ決定!

コストコのポップコーン、1箱44袋なんて消費するの大変だと思ったけれどこれは買いです。
ふいにやってくる子どものお友達たちに出そうと電子レンジにかけたら、ポンポンとはじける音といい香りに大歓声でした(笑)そして子どもたち数人に1袋なんて一瞬でなくなります(;・∀・)4~5人の子どもたちに2袋をレンチンして出したらあっという間でした💦
レンチンの後、紙袋の中に粉チーズや黒コショウなど入れてフリフリすれば、また違った味を楽しめますよ。ぜひ試してみてくださいね~。

 

ポップコーンといえばこちらの絵本「ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ」おすすめ(*’▽’)
読むとポップコーンを作りたくなる絵本✨ポップコーン食べながらぜひ!