おにぎりアクション2020☆おにぎり写真を投稿して世界の子どもたちに給食を送ろう!

生活
スポンサーリンク

おにぎりアクションって知っていますか?

InstagramやTwitterなど普段使っているSNSなどへおにぎりに関する写真を投稿することで参加できるキャンペーンです。2015年から始まったこのキャンペーンは、毎年10月16日の国連が制定した世界食料デーに合わせて開催。2020年も行われます

どんなキャンペーンなのか、どうしたら参加できるのかなど紹介します。

スポンサーリンク

おにぎりアクションってなに?

おにぎりアクションは、わたしたちがおにぎりに関する写真を投稿サイトかSNSへ投稿すると、

協賛企業から給食5食分となる100円がアフリカ・アジアの子どもたちのために寄付されるという取り組みです。

2015年から始まったこのキャンペーン。協賛企業が寄付をしたものはTABLE FOR TWOを通じてアフリカ・アジアの子どもたちへ給食が届く仕組みに。わたしたち一般の参加者は、投稿サイトかSNSへ写真を投稿することで参加できます。

TABLE FOR TWOについてはこちら。

TABLE FOR TWOは開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本発の社会貢献運動です。
“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。
先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを 購入すると、代金の内20円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1食分をプレゼントできます。
TABLE FOR TWO公式サイト:https://jp.tablefor2.org/

出典:おにぎりアクション

2020年の期間は10月1日(木)~10月31日(土) まで。
たくさんの企業が協賛して寄付を行っています。

https://twitter.com/TFTjp/status/1300629708099317762?s=20

参加方法は 写真を投稿サイトかSNSへ投稿するだけ!

期間中におにぎりにまつわる写真を投稿することで参加できます。お弁当でも手作りでもコンビニおにぎりでも何でもOK!

写真の投稿は、投稿サイト普段使っているSNS(Instagram, Twitter, Facebook,FiNC)へ。
SNSへ投稿する場合は、『#OnigiriAction』のタグをつけることで、参加となります。
期間は『2020年10月1日(水)~10月31日(土)』のあいだ。
おにぎりであれば、手作りでも購入したものでも何でもOK!

2019年は給食10食分になる「プラスアクション」も!

2019年には協賛企業でさまざまな「プラスアクション」が行われていました。

【2019年に行われていたプラスアクション】
おでかけ先でのおにぎり写真と共に『#OnigiriAction #家族史上最高のおでかけ』のふたつのタグをつける!
伊藤園のお~いお茶とおにぎりの写真と共に『#OnigiriAction #おーいお茶』のふたつのタグをつける!

こうすることで、それぞれ共産の「日産セレナ」さんと「伊藤園」さんから、給食10食分の協賛や寄付が行われました。

2020年はこれから発表のようです。詳しくは公式ページをチェックしてね☆

スポンサーリンク

おにぎりの写真を投稿してキャンペーン参加してみよう!

1食の給食ですら食べられない子どもたちがいること考えると胸がつまります。おにぎりを食べるときにちょっと写真を投稿するだけのキャンペーンで、少しでも貢献できるなら。そして、そういったことをみんなで考えるきっかけになるといいなと思います。

ランチはおにぎりにして、食べるときに写真を撮って期間内にSNSへ投稿しよう☆